世界のおじちゃんと音楽展(2020/12/5~20) 開催レポート

2013年より毎年制作している「世界のおじちゃんカレンダー」の新作を展示する「世界のおじちゃん展」。
今年は「世界のおじちゃんと音楽」展として、2020/12/5~20にMIDDLE GARDEN COFFEE STAND(駒込)で開催いたしました。

駒込の路地に現れる「MIDDLE GARDEN COFFEE STAND」と、メキシコのマリアッチのおじちゃんたちの笑顔
Photo by Taro Yoshitomi
メインビジュアルとなった「仲間と歌うマリアッチのマリオ(メキシコ)
Photo by Taro Yoshitomi

個人的にも大好きなお店で、コーヒーとおじちゃんを楽しむ在廊の日々。

おしゃれな雰囲気にとけこむ「靴を叩いて踊るハインツ」
Photo by Taro Yoshitomi
「世界のおじちゃんと音楽」カレンダーや、マンガの販売も行いました
グッズのオンラインshopはこちら
Photo by Taro Yoshitomi
「バラライカを弾くニコライ(ロシア・ウドムルト)」
Photo by MIDDLE GARDEN COFFEE STAND
展示中にラテアートにチャレンジしてみました
エチオピアン・ジャズを奏でるタスファイ(エチオピア)
ドンブラ奏者のクグルシン(モンゴル)

「音楽」をテーマとした展示、オープニングではジャズの演奏も

さらに、オープニングには、駒込在住のジャズ・オルガニスト やまびあやかさんと、ジャズ・ギタリストの浅葉裕文さんが、すばらしい音楽を演奏してくださいました。

オンラインでも楽しめるように

感染症拡大防止の観点から、会場に行かなくても作品が楽しめるようにしました。
遠方の方や、展示終了後にも楽しんでいただけるコンテンツになりました。

来てくださる方の反応や感想を聞いてみたくて、毎日在廊していました。

皆さんが感想を書いてくださったノート

みなさまの感想から

数年前からおじちゃんの展示が始まると年の瀬を感じます。
毎年おじちゃんの絵をまとめて見られるのが嬉しいです。

たくさんのおじちゃんたちのニコニコした顔を見て、なんだかとっても楽しい気持ちになりました。

カザフスタンのラハトさんのイケおじっぷりにもハートをうばわれました。

旅が好きなので、おじちゃんとのコラボが面白いな、と思って&コーヒーも気になって来ました。

旅行に行けない今、本を読んで楽しい気分になりました。

最高にゴージャスでハッピーなミュージカルシーンのサルマン(インド)
の絵をTwitterで見てきてくださった方が、
この絵のモデルとなった映画を日本に配給した方というサプライズが!
貴重なパンフレットをいただきました。

アーティスト きむらゆみさんに、展示をイメージした音楽を作っていただきました!

展示を終えて

毎年開催している「世界のおじちゃん展」ですが、今年はコロナのこともあり、開催について正直迷っていました。

でも、「来年は明るい年になりますように」という思いを込めて、「音楽」というテーマを選んだこと。明るい笑顔が並ぶといいなと思ったこと。そして、なにより、私の絵に込めた思いを、直接伝えられたらいいなと思ったことから、開催し、そして毎日在廊していました。

展示を知らずに入った人、インスタグラムを見てきてくださった方、コロナ以来会えていなかった友達など、いろんな人に会い、コラボし、新しい縁がうまれたりした展示でした。

世界のおじちゃんを描き始めて、来年で10年目になります。

おじちゃんが連れてきてくれた縁や仕事、見せてくれた世界がたくさんあります。

10年目に、いろいろやってみようと思っていますので、「世界のおじちゃんカレンダー」を見ながら応援していただけたら嬉しいです。